So-net無料ブログ作成
検索選択

<普天間移設>沖縄の首長ら、東京都内で集会(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、国内・県外移設を求める県民大会を開いた実行委員会代表団は26日夕、東京千代田区で集会を開いた。政府への要請行動の一環で、約600人が参加。沖縄の市町村代表の翁長雄志那覇市長の他、宜野湾市、移転先として浮上している名護市、うるま市の3市長も出席し、国外・県外移設を改めて求めた。

 稲嶺進名護市長は基地問題への鳩山政権の発言を「日替わりメニュー。体に良くないばかりか毒が入っている」と酷評。「政治を変えるのは民意。それが県民大会に表れた。辺野古の海にも陸上にも新しい基地は作らせない」と訴えた。伊波洋一宜野湾市長は「米国の脅しは時代遅れ。国外移転を含めて解決することが大事だ」と述べた。島袋俊夫うるま市長も「沖縄に基地はいらない、全国に基地はいらないと一人一人が全国に発信していただきたい」と共闘を呼び掛けた。

 代表団は27日に国会近くで座り込みを行う。【野口由紀】

【関連ニュース
普天間問題:「なぜ基地押しつける」 会場に怒りの声次々
普天間問題:ろうそくで基地反対の人文字 東京・明治公園
普天間移設:沖縄の意思は「県外」 県民大会に9万人
普天間移設:沖縄県民大会始まる 知事も初参加で姿勢示す
普天間移設:沖縄の代表団官邸に 長官「負担軽減に配慮」

<舛添氏>離党届を提出 矢野氏も(毎日新聞)
「長距離走者の孤独」アラン・シリトー氏死去(読売新聞)
「与野党とも癖のある政治家がいない」 石原知事“救国戦線”に期待(産経新聞)
<犯罪被害者支援>施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で(毎日新聞)
1億円?2億円? 国産航空機の維持費めぐり仕分け人が怒り(産経新聞)

外国人参政権、慎重に=直嶋経産相(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は20日の閣議後会見で、永住外国人の地方参政権をめぐる議論について、推進派と慎重派で「民主党内の意見が二分されている」との現状認識を踏まえた上で、党としては「慎重にした方がいい」と述べた。
 直嶋氏は「地域のさまざまな意見を反映する意味で、特に投票権は認めた方が、日本の社会が安定する効果がある。歴代の党執行部はそういう発想を持っている」とする一方、「慎重な議員が増えているのも事実」との見方を示した。その上で「わたし自身は、投票権だけは認めてもいいという考え方を持っているが、党としての扱いは難しい問題だ」と語った。 

<盗撮>駅で女性のスカート内 JR運転士逮捕…千葉(毎日新聞)
ローソン本社に脅迫文、3000万円要求(読売新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)
日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)

放火の疑いで捜査 外部から火を点けた形跡 足立区アパート火災(産経新聞)

 東京都足立区のアパートで18日未明、女性2人が死傷した火災は、隣接した倉庫から出火した可能性があることが19日、警視庁捜査1課への取材で分かった。倉庫は火の気がなく、外部から火がつけられたような形跡があることから、同課は放火の疑いがあるとして捜査を始めた。

 同課などによると、火災は18日午前2時50分ごろ、東京都足立区西保木間の木造2階建てアパート1階で出火。約90平方メートルが焼け、2階に住む無職、畠山明美さん(51)が全身にやけどを負い死亡、畠山さんの隣室の女性(66)が意識不明の重体となっている。

 同課などの調べでは、アパートには4世帯7人が居住。出火当時は6人が在宅しており、4人が自力で避難したという。

【関連記事】
寝屋川の放火未遂 介護士を殺人容疑で再逮捕
風俗店「じゃじゃ馬」放火 解雇された元従業員逮捕
リストラ恨み元役員方の自動車放火 容疑で元社員を再逮捕
大やけどの女性が死亡 京都・亀岡の放火
日本のチョウ米国で羽ばたく 足立区生物園が1000匹提供
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
乗務員の英語力に基準、スカイマークが設定(読売新聞)
国庫負担「肩代わり」法案を可決−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
阿久根市長ブログに裁判官月給一覧…判決に反発(読売新聞)

ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)

 「ダンゴウオ」と呼ばれる体長5センチ未満の球形の魚がダイバーの間で人気を集めている。近畿の沿岸でも見ることができるといい、ゴールデンウイークにはダンゴウオ目当てのダイバーらでにぎわいそうだ。

 ダンゴウオはカサゴ目の底生魚で、名前の通りほぼ球形の体形が特徴。沿岸の水深10メートルぐらいの岩礁域で生息する。

 観察ポイントとして注目を集める日本海側の猫崎半島(兵庫県豊岡市)では、昨年からダンゴウオをひと目見ようとダイバーが急増しているという。

 地元のダイビングサービス「カシマカンコー」によると、「ダンゴウオは海底でもあまり動こうとしないので、初心者でも比較的見つけやすい。女性ダイバーに特に人気です」と説明する。

 また、猫崎半島をダイビングでよく訪れる「ダイビングスクールココモ」(姫路市)の唐土誠代表は「幼魚のときは頭に白い輪があり、ダイバーは『天使の輪』と呼んでいます」と人気の秘密を明かす。

 近畿では冬場から5月の連休まで観察できるといい、唐土代表は「これからは大きくなったダンゴウオを見ることができますよ」と期待を込めて話した。

【関連記事】
ダイビング中に男性死亡 兵庫・香美町沖の日本海で
ダイビング中の看護師が死亡 沖縄・石垣島沖
田中律子、沖縄観光PR「海への恩返し」
完全養殖のウナギ仔魚公開 三重の養殖研究所
サバがクロマグロを産めば…数年後に成功か
外国人地方参政権問題に一石

「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
中田氏、新党理念は「自立」 “たちあがり”方に注目も(産経新聞)
3月の世界平均気温、120年で最高値 温暖化が影響か(産経新聞)
宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)

<ISS>宇宙でお国の自慢料理食べ比べ?日米露の飛行士(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】宇宙の食事は意外に充実? 米航空宇宙局は米中部時間11日(日本時間12日)、山崎直子宇宙飛行士(39)、野口聡一宇宙飛行士(44)が滞在している国際宇宙ステーション(ISS)の食事風景を公開した。2人は米国、ロシアの飛行士と、楽しそうに「食卓」を囲んでいた。

【写真で見る】宇宙ステーションでの食事風景

 ジョンソン宇宙センターで、山崎さん搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー」の管制を担当している星出彰彦宇宙飛行士(41)によると、映像で見えるメニューは細長いチューブに入ったロシア製の紅茶のような飲料と缶詰。チューブは口をつけて吸う時だけ中身が出る構造で、中にはティーバッグが入っている。食べ物は、レトルト食品フリーズドライ製品が主流の日米に対し、ロシアは今も缶詰がメーン。星出さんは「ごみ減量のため、食べ終わると皆で缶を一生懸命つぶします」と話していた。

 ISSには、宇宙航空研究開発機構などが開発した宇宙日本食も持ち込まれている。ラーメン、サケおにぎり、緑茶などメニューも多彩で各国の飛行士に人気。山崎さんもカレーやようかんなどを持参したという。

【関連ニュース
<写真特集>スペースシャトル「エンデバー」が打ち上げられるまで
写真特集>日本人宇宙飛行士の軌跡
ISS:宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動
スペースシャトル:地球帰還を1日延期 アンテナ不具合で
山崎直子宇宙飛行士:コンテナ移設で若田さん「仕事満点」

鳩山首相、公務員改革法案「修正すればよい」(産経新聞)
「また来た…」無銭飲食の疑いで男逮捕 柏(産経新聞)
山崎さん、機体点検の初仕事=7日宇宙基地へ−野口さんら「すしパーティー」(時事通信)
石川知裕衆院議員、小沢氏の政経セミナーに姿現す(産経新聞)
有名進学塾、ライバルの「灘中模試」盗用し謝罪(読売新聞)

<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)

 三重県桑名市の課長が市の指名業者から現金4000万円を詐取したとされる事件で、愛知県警は近く、知人からも現金数百万円を詐取したとして、元市環境政策課長、太田耕史被告(54)=詐欺罪で起訴=を詐欺容疑で再逮捕する方針を決めた。県警によると、太田被告は知人女性に「投資をすれば医療法人の理事になれる」と架空の投資話を持ちかけ、現金数百万円を詐取した疑いが持たれている。【秋山信一】

【関連ニュース
振り込め詐欺:70代女性3500万円の被害 福岡
詐欺容疑:警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁
出資法違反:ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査
詐欺:桑名市元課長を起訴 名古屋地検

ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
普天間移設で閣僚会議「考え方意思統一」官房長官(読売新聞)
<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)

足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)

 平成2年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」で、最高検は1日、再審無罪となった菅家利和さん(63)に関する捜査と公判の問題点について、検証結果をまとめた報告書を公表した。精度が低かった当時のDNA型鑑定を過大に評価し、自白の吟味が不十分だったため、虚偽の自白を見抜けなかったことを主な問題点に挙げた。

 再発防止策として、最高検は同日、凶悪事件の捜査に専従する「本部係検事」を全国の地検、高検に新設。最新の科学捜査や過去の無罪事件についての研修の実施、上級庁による指導の強化などを掲げた。

 自白の信用性の吟味が不十分だった原因としては、DNA型鑑定を指紋と同様の絶対的な個人識別能力がある証拠と過大に評価したためと分析。その結果、菅家さんが取り調べを担当した警察官に「迎合」した可能性についても検討が不十分だったという。

 さらに、菅家さんが逮捕直後の勾留(こうりゅう)尋問で裁判官に「答えたくありません」と容疑を認めなかったことを明らかにし、「真実の供述を行う重要な契機を見逃した」とした。

 DNA型鑑定への理解が不十分だった例として、担当検事が鑑定の精度を1千人中約8.3人と理解していたが、根拠としたサンプル調査の人数が190人にすぎなかったことを把握せず、控訴審段階でサンプル数を大幅に増やした再調査の結果、1千人中35.8人に低下した事実を挙げた。

 起訴後の取り調べについては、未解決となっている別の2件の女児殺害事件の取り調べを早期に実施していれば、被害女児の性格や犯行場所が異なっているのに菅家さんの動機や犯行時の様子がパターン化していることに気づき、菅家さんの犯人性について的確な判断をすることができた可能性もあったと分析した。

 そのうえで「(秘密の暴露などの)客観証拠による裏付けが得られなかったのは、菅家氏が真犯人ではなく、虚偽自白をしているからではないかといった観点からの検討が必要だった」と結論づけた。

【関連記事】
警察庁長官「再発防止策の徹底をはかる」 足利検証
裏付け不足…「DNA型鑑定を過大評価」 警察庁、足利事件の捜査検証結果発表
足利事件 菅家さん選挙権回復へ 
足利事件遺族に説明「心情に配慮」
足利事件 冤罪なくす教訓にしたい
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

深夜、神戸のホテルぼや 宿泊52人避難騒ぎ(産経新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
<視聴率>NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)
郵政改革 亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
<突き落とし>容疑の33歳逮捕…携帯注意され JR上野駅(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。